カバー画像
櫻木大悟 櫻木大悟
櫻木大悟

DBT( Daigo's Beer Talking) meets YOU!最終回アーカイブ

DAIGO SAKURAGI

DBT( Daigo's Beer Talking) meets YOU!最終回アーカイブ

DAIGO SAKURAGI

先日のDBT( Daigo's Beer Talking) meets YOU!では

これまでお付き合い頂き、本当にありがとうございました!

いまは日本に一時帰国しており、D.A.N.のレコーディングや、6/12のタイムアウトカフェでのパーティーに向けて、盛りだくさんで東京ライフを楽しんでおります。

それでは、DBT( Daigo's Beer Talking) meets YOU!最終回のアーカイブを公開します!

「ロンドンには何月から住んでいるんですか?」

櫻木「去年の10月からなんで、7ヶ月経ったかな」

「あっという間ですね」

櫻木「本当に思ったより早いな〜。僕のビザって来年の2月までなんで、半分終わったのか」

「そう考えるともう折り返しなんですね。あっという間ですね。ビザ終わったらどうするんですか?」

櫻木「それを今、本当にずっと考えていて毎日アイディアが変わってる。ワクワクするんだけど、『どうしようかな』と思っていて……。少なからず東京に住む選択肢はなくて、日本に帰るんだったら長野や沖縄、奈良とか……自然が豊かなところで古民家とかを改造して、スタジオやサウナをつくるっていうアイディアがあります。でももう一方で、やっぱりせっかくこっちに来て、じわじわいろんなコネクションや基盤ができてきてブロックがちょっとずつ積んできたみたいな感じはして……。完全に帰るのはちょっともたいない気もするから、イギリスでアーティストビザを取ってもうちょっと継続して住むのか、オランダのフリーランスビザを取るのか、あるいはドイツでもう1回ワーホリを申請するのか、その辺が今悩ましいところですね」

「そうなんですね!なんでオランダとドイツなんですか?」

櫻木「単純にヨーロッパだったらどこでもいいんですけど、ビザの問題 でオランダは日本人でもフリーランスビザが取れるかなり貴重な国なんですよ。実際にミュージシャンやアーティストでも、オランダに移住している方がいっぱいいます。オランダも結構好きなんですよね。人も好きで……!イギリスやフランス、ドイツとかヨーロッパに行くにしても、北欧に行くとしても、ちょうど中間点にある国なんで、そういうとこに身を置くのも楽しそうだなと思ったり……。ドイツはドイツで確かワーホリの年齢制限ないんですよね。基本30歳までとかなんですけど、ドイツの場合1年間だけ行けるはず。ちょっとうろ覚えなんですけど」

「なるほど……!東京でライブを見られるのが貴重になりますね」

櫻木「ちょっとまだ自分の人生は色々未定ですね」

こんな感じで今回はヨーロッパでの制作活動やこれからのことを話しています!

それでは、有料会員の方限定のアーカイブ公開をお楽しみください!

この記事は有料サブスクライバー限定記事です

今すぐSubscribeしてこの記事を見る